光健は、南米ペルーのマカの原産地・海抜4,105mのアンデス高地で、マカの栽培から加工まで一貫して自社工場で行なう唯一の日本企業です。


光健は、日本初の有機JASマカのパイオニアとして、確かな実績と経験があります。

マカをダイエットサプリメントとして服用することにより、更年期障害に悩む女性の改善に対する臨床試験を通して得られた研究成果を報告いたします。

マカの栽培に適した土壌作りから、生産履歴のある安全で安心、そして高品質の有機マカを日本をはじめ世界へ供給しています。

日本農林規格(JAS)認証

JAS規格では、マカの種まきの2年以上前から農薬や化学合成肥料を原則として使わない等、土壌や栽培に関する基準、また製品化工程においては人体や環境に有害な添加物や薬剤を使ってはならない等の基準が定められています。

光健では、2004年10月に開催された「食品開発展」で、日本に初めて有機JASマカを出品・供給を開始して以来、より一層、お客様へ安全で安心して頂けるマカ製品を全世界へお届けしています。

光健のマカは、有機農産物として、また当社の現地工場も有機加工工場として
オランダに本部を置く国際的な有機認定機関 CONTROL UNION CERTIFICATIONS
より日本農林規格のJAS認定を取得、オーガニック有機JASマカを供給しています。


CONTROL UNION
CERTIFICATIONS
CU 800719

※各画像をクリックすると拡大します。

有機JAS認定証明書2016年11月25日

有機JAS認定は、耕作地の土壌検査から始まり、農産物としてのマカ、マカの加工工場、生産されるマカ製品、そしてその輸出業者のそれぞれに対して個別に実施され、1年に一度、認定検査を受ける必要があります。また土壌が無農薬である証明の「ポジティブリスト制度」にも対応しています。

ここに掲載している有機JAS認定証明書は、2016年11月25日の発行日から2017年の次回の検査まで有効です。更に、ペルーからマカ原料の輸出の際には、生産ロット毎に有機JAS証明書が発行されます。

他社のマカ販売ページの中には、SKALの認定証を載せているところがありますが、この機関は2006年に改組され、今は存在しませんので無効です。また農家が取得した検査書を掲載して、さもすべてのJAS認定を取得しているかのように見せかけているところもあります。有機JASマカの検査・認定は非常に厳格なものです。有機マカの販売をされる業者の皆様には、消費者のために、JAS法を遵守して、嘘・偽りのない有機JASマカの表示をお願いしたいものです。

マカ自社工場の概観とマカの天日乾燥、作業風景

光健では、この良質なマカをさらにより良いマカ製品にする為、ペルー薬用植物研究所と協同して日々研究を重ねています。また加工工場では、徹底した殺菌処理と衛生管理、品質管理のもと、マカ本来の栄養成分を最大限に保持したマカ原料を、日本をはじめ北米地域、ヨーロッパ市場へ輸出しています。

特に殺菌処理方法については、他の多くのペルー企業が採用している放射線照射殺菌(日本では食品衛生法で禁止されています)を一切行わず、日本の技術による機能水殺菌をメインとした安全な方法を用いていますので、ご安心下さい。

☆弊社のマカ原料はペルー農業省をはじめ政府機関、公共機関から数々の表彰を受賞☆

★ペルー農業省 有機マカ優良企業賞・ゴールデンマカ賞★

 

★光健のマカは   
世界16ヶ国の人々から
愛され続けています★

【住所】〒187-0032
 東京都小平市小川町
 2-1203-14
【TEL】 042(346)5154
【FAX】 042(342)4741
【E-mail】
 info@kokenjapan.co.jp

マカについての疑問や質問はお気軽にお問い合わせ下さいませ。専門スタッフが丁寧にお答え します。
お電話でのご注文も受付ております!

光健のペルー現地法人

KOKEN DEL PERU S.R.L.

↑ PAGE TOP